一般歯科/小児歯科/矯正歯科/審美歯科/口腔外科/インプラント/レーザー治療 各種歯科医療は 東京都西東京市 ひばりヶ丘駅 徒歩30秒 横澤歯科医院にお任せ下さい!

東京都西東京市ひばりヶ丘北4-1-2 エボシビル2F/3F

TEL / FAX:042-425-8281

横澤歯科医院

Home 当院紹介 診療科目 診療予約 診療料金一覧 アクセス よくある質問と回答 個人情報保護指針 求人案内 お問い合わせ

横澤歯科医院 CTについて

こちらでは、CTの有効性などについて説明をしております。ご参考ください。


臨床ケース1

Date : 2008/10/17 ※画像クリックで拡大画像を表示します
2008-10-17 case


左上6に違和感を訴えて来院。歯茎にフィステル(水ぶくれ?のようなものです。画像内の赤線部分)ができていて、そこに器具(画像内の青線部分)を挿入してデンタルレントゲンを撮影しました。根管治療が必要な状態ですが、セラミッククラウン(過去に治療したものですが、値段が高い)が入っているため、本人希望により、クラウンを外さずに外から薬剤と炭酸ガスレーザーで洗浄して、経過を観ることにしました。あくまでも対症療法ですが、臨床では良くあることです。


Date : 2010/03/15 ※画像クリックで拡大画像を表示します
2010-03-15 case


再び、左上の違和感を訴えて来院。左上6の近心根が破切していましたので、抜歯に至りました。今後は、骨の治癒の状態を観て、その後の治療を決めます。本人はインプラントを希望しています。


Date : 2010/08/24
2010-08-24 case


CTで骨の状態を確認。画像の線を引いている部分が10.7mmあり、シンプルなインプラント治療ができることを確認しました。CTによる計測は、95%くらいの精度があります。


臨床ケース2

Date : 2010/08/19 ※画像クリックで拡大画像を表示します
2010-08-19 case


右下の6・7部に違和感を訴えて来院。フィステルができていますが、パノラマレントゲンでは何だかよく分かりません。


Date : 2010/09/03
2010-09-03 case 2010-09-03 case


そこで、CTを撮影しました。右下の6・7とも大きな根尖病巣があります。まず、7から根管治療をすることにしましたが、近心が破切していました(上の右側画像をご参考ください)。右下の7は抜歯予定ですが、現時点では今後の補綴治療(どうやって補うか)は未定です。


臨床ケース3

Date : 2009/06/20 ※画像クリックで拡大画像を表示します
2009-06-20 case 1  2009-06-20 case 2


歯の清掃で来院。右上2からの出血がありました。目で見た限り、歯は綺麗です。何だろうということで、デンタルレントゲンを撮影しました。正解は内部吸収(歯の中から歯に穴が空いてくることです。虫歯とは違います)でした。根管治療を試みましたが、吸収が大きいのできちんとした治療はできないことが分かりました。本人と相談した結果、抜歯をしてインプラントを行うことにしました。


Date : 2010/06/19
2010-06-19 case


インプラント埋入。
※この時点ではCTを導入しておりませんでしたので、レントゲン画像です。


Date : 2010/09/23
2010-09-23 case


二次オペの際にCTで確認。


Date : 2010/11/13
2010-11-13 case


クラウン装着。セラミッククラウンを強い仮着にしました。完全に接着させることもできますが、今後のメンテナンスがあるため、仮着がベストです。



Home 当院紹介 診療科目 診療予約 診療料金一覧 アクセス よくある質問と回答 個人情報保護指針 求人案内 お問い合わせ