一般歯科/小児歯科/矯正歯科/審美歯科/口腔外科/インプラント/レーザー治療 各種歯科医療は 東京都西東京市 ひばりが丘駅 徒歩30秒 横澤歯科医院にお任せ下さい!

東京都西東京市ひばりが丘北4-1-2 エボシビル2F/3F

TEL / FAX:042-425-8281

横澤歯科医院

Home 当院紹介 診療科目 診療予約 診療料金一覧 アクセス よくある質問と回答 個人情報保護指針 求人案内 お問い合わせ


横澤歯科医院 よくある質問と回答 - Question and Answer from Yokozawa Dental Clinic


Q:ホワイトニングは歯を痛めたりしませんか? また、自分で行っても大丈夫なのですか?
A:当院では、厚生労働省の正式な認可を受けている安全なホワイトニング材を使用しております。
  正しい使用法でお使い頂ければ、ご自身で行って頂きましても歯に対する害はありません。安心してホワイトニングされて下さい。

Q:治療の際、やはり痛みはあるのでしょうか?
A:神経のある虫歯の場合、処置の過程で虫歯部分を削る際に痛みを感じることがあります。
  当院では、患部に麻酔注射を行うことで、無痛で治療を進めております。
  また、表面麻酔を行った上での麻酔注射ですので、注射の痛みはほとんど感じられないと思います。

Q:特に痛みもなかったので、何年も歯医者には行っていないのですが、診てもらったほうが良いですか?
A:お口の中は、ご自身ではなかなか見ることが難しい部分ですので、できれば定期的に検診を受けられて下さい。
  虫歯は思っている以上に早く進行することも珍しくありません。
  歯周病によって、歯を支える骨が熔けてしまっていることもあります。早期発見、早期治療が健康な歯を維持する最良の方法です。

Q:痛みも感じない歯が虫歯って言われたのですが・・・
A:歯が痛くなる=虫歯と思われている方が多いのですが、虫歯が進行して神経に炎症が起こることで痛みが生じます。
  虫歯は痛みもなく進行し、症状が悪化してから痛みが出ることも珍しくありません。
  虫歯は自然に治癒することはありませんので、しっかりとした治療が必要です。

Q:虫歯の治療は、痛みが出てきてからでも良いのですか?
A:どんな病気でも同じことが言えますが、早期発見・早期治療こそ最善。痛みが出てからの治療は、痛みが出る前よりも大変です。
  痛みが出る前なら1〜2回の治療で治る症状でも、痛みが出てからではその何倍もの時間が必要となることが多々あります。
  虫歯があると思われたら、たとえ痛みがなくても検診を受けるようにして下さい。

Q:歯磨きがうまくできているか気になります
A:歯の磨き方は人それぞれで、ご自身の歯並びによって異なります。
  ご自身の歯並びに合った効率的な磨き方を知りたい場合は、専門の歯科衛生士さんに相談し、直接指導を受けるのがベストです。

Q:電動歯ブラシを使っていますが、普通の歯ブラシのほうが良いのでしょうか?
A:電動歯ブラシは汚れを取るという点では優れていますが、基本的には新しい歯ブラシで正しい歯磨きをすることが大切です。
  普通の歯ブラシと違い、電動歯ブラシは歯磨き粉を使って磨くと、歯の表面にある歯質を削り取ってしまうことがあります。
  歯質を削り取ってしまうと、冷たいものが染みるといったことの原因になります。
  また、歯ブラシでは歯間(歯と歯の間の隙間)をうまく磨けないことがありますので、歯間ブラシを併用されることをお薦めします。

Q:知覚過敏ってなんですか?
A:
一般的に言う知覚過敏というのは、「象牙質知覚過敏症」といいます。冷たい物などを食べたとき、歯に痛みが生じたりすることで、経験された方もいらっしゃると思います。
歯髄を取り巻く象牙質は、微細な「象牙細管」という細管が歯髄からエナメル質に向かっています。この細管は栄養の補給路でもあり、歯牙を形成する役目を担っているとされていますが、この象牙細管が直接歯髄に刺激を伝えてしまい、瞬間的な痛みを生じさせることがあります。これが知覚過敏です。
本来、歯肉の外の歯(歯冠部といいます)は象牙質の外側をエナメル質が覆っており、歯肉に埋まった部分(歯根部といいます)はセメント質に覆われています。しかし、力まかせの誤った歯磨きなどによってエナメル質が剥がれ落ちたり、虫歯や歯周病によって歯肉が減衰して下がってしまった場合、象牙質が露出してしまいます。象牙質が露出してしまうと、刺激が敏感に伝わりやすくなるため、知覚過敏が生じるようになります。
※左図をクリックしますと、解説画像を拡大表示します。

Q:矯正治療にかかる期間はどれくらいですか?
A:矯正の種類や患者さんの年齢などによって異なりますが、平均は1年〜3年程度です。

Q:矯正を始める時期はいつでしょうか?
A:一般に乳歯から永久歯に生え変わる6〜9歳頃が、矯正を始めるのに適していると言われています。

Q:診療料金が心配です
A:歯科診療では、保険診療と自費診療という方法があり、当院ではどちらの方法で治療を受けられるかをその場でお決め頂けます。
  また、当院では主な診療で必要となる料金を一覧として公表いたしておりますので、こちらでご確認頂けますと幸いです。
  なお、保険診療の場合は1回の支払いが保険負担金の種類によっても異なりますので、ご心配な場合は当院にお尋ね下さい。
  電話(042-425-8281)とメールのどちらでも受け付けております。

Q:喫煙は歯に悪影響を与えますか?
A:煙草に含まれるニコチンやタールなどの成分には、人体の免疫力を低下させる作用があることが分かっています。
  たとえば、歯槽膿漏に代表される歯周病の患者さんが喫煙をされていると、治りが大幅に遅くなることがあります。
  歯周病に限らず、歯の治療を行っている際の喫煙は避けるべきです。

Q:除石はどのくらいの期間が目安でしょうか?
A:患者さんご本人の歯石の付き具合によって異なりますが、概ね半年〜1年間に一度のペースで行うと良いでしょう。

Q:インプラント治療に年齢制限などはありますか?
A:骨の成長がほぼ終了する16歳以上で、医学的な条件が満たされていれば、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

Q:インプラントってどんな治療なのでしょうか?
A:失ってしまった自分の歯の替わりに、人口の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人口歯を組み付けて機能を回復する治療法です。
  固定式の治療法のため、入れ歯のようにがたつくことがなく、自分の歯と同じように噛めるようになります。

Q:インプラント治療は入院が必要なのでしょうか?
A:通常、インプラント治療では入院の必要はありません。
  極めて稀に入院を要する方もいますが、基本的には入院の必要はないと考えて頂いても構いません。

Q:インプラント治療中、歯がない部分はどうなるのでしょうか?
A:仮歯や代わりの入れ歯を入れておきます。見た目や食事に問題はありません。

Q:糖尿病なのですが、インプラント治療はできるのでしょうか?
A:医師の指導の元、充分にコントロールが行われていれば可能ですが、状態によっては手術ができない場合もあります。
  持病に糖尿病をお持ちの方で、インプラント治療を希望の方は事前に詳しい病状などを必ずお伝え下さい。

Q:携帯サイト(モバイルサイト)はないのですか?
A:
当院はPC向けホームページと、携帯などのモバイル向けホームページを併設しております。左図のQRコードを携帯のバーコードリーダーなどで読み取って頂きますと、モバイルサイトへのURLが取り込まれます。
【横澤歯科医院モバイル:http://www.yokozawa-dc.jp/i/】